可愛い愛犬のご飯選びは飼い主さんにとって頭を悩ませる問題の一つかと思います。
私自身動物病院で勤務していると、次から次へと新しいフードが販売され「どれが一番この子に合うのか」を見極めるのはプロでも至難の業だなと痛感しています。ペットブーム以降、粗悪なものから超高品質なものまで数多くのドッグフードが流通し、その入手経路もペットショップからインターネットと多岐に渡っています。ではその中からどのように愛犬になって合ったドッグフードを選べばいいのでしょうか?

まず第一に考えるべきは可愛い愛犬に安心して与えることができるドッグフードである。ということ。

皆さんはドッグフードの原材料欄を見たことがありますか?日本という国は諸外国に比べ添加物に対する規制がとても弱い傾向にあります。
それはドッグフードであっても同じです。
特に破格の値段で売られているようなドッグフードには香料や着色料、人口保存料などがゴリゴリに使われています。一度食べたくらいでは何も影響はありませんが、長期的に摂取していれば健康被害を招きかねません。いわば毎日カップラーメンやジャンクフードを食べているようなものです。

そこでおススメしたいのが無添加ドッグフードです。その名の通り人口添加物や香料、着色料、保存料などを使用せず、人間も食べることができるヒューマングレードで作られているドッグフードです。
グレインフリーやプレミアムドッグフードを謳うドッグフードであっても、無添加ではない場合もありますのでよくご確認下さいね

無添加ドッグフードとなると選択肢はかなり絞られてきますよね!では更に、その中からどのように愛犬用の無添加ドッグフードを選べばよいか。
今回はその選び方を何例かご紹介させて頂きます♩

①無添加ドッグフードの選び方 年齢ステージで選ぶ

無添加ドッグフードであっても素材や栄養バランスは各メーカーで異なります。
パピー用からアダルト、シニアと年齢ステージごとに分かれているドッグフードも多いでしょう。
特に体調面で気になることがない場合は年齢ステージに合わせたものを選ぶのが簡単で確実かと思います。
ほとんどの場合、どのステージのドッグフードであっても見た目が変わらないので、何が違うの?と思われがちですが、実は栄養成分が異なっています。

成長期のパピーステージは高カロリーになっていたりしますし、アクティブなアダルトステージではカルシウムやタンパク質が多めに配分されていたりします。またシニアやハイシニアになると代謝が落ちてくるため今度は低カロリーに調整されているケースがほとんどです。
シニアになってもアダルトフードをあげている方も多くいらっしゃいますが、できればその時の年齢に合わせたドッグフードを選ぶことが理想的でしょう。
今の年齢に合わせたドッグフードの中から無添加のものをピックアップしてみましょう。

②無添加ドッグフードの選び方 アレルギーなど体質で選ぶ

アレルギーがある場合にはそちらを最優先にしてドックフードは選びましょう。
例えば牛や豚にアレルギーがある場合にはラムやお魚が主原料になっているものを。
米や小麦にアレルギーがある場合にはグルテン、グレインフリーのものを選びます。
アレルギー反応を起こすものを完全に排除したドッグフードを選びたい時は、かかりつけの病院さんでアレルギー検査を受けられて下さいね。
またアレルギーだけではなく体質や体型に合わせた選び方も大切です。
お腹を壊しやすい、吐きやすいなど消化器系がデリケートなワンちゃんは消化吸収に優れたものやオリゴ糖などケア成分を含んでいるもの。皮膚が弱いワンちゃんはオメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸、ビタミンなどが豊富に含まれている物を中心に探してみましょう。肥満体型のワンちゃんは低カロリーで繊維質が豊富なダイエット用のドッグフードの中から無添加のもの選びましょう。
どのような体質、体型であっても共通して無添加のドックフードというのは消化器官にかかる負担が少なくワンちゃんもスムーズに受け入れてくれるケースが多いように感じます。
体調面で気になる事がある場合には、そちらに対応したドッグフードの中から無添加のものをピックアップしてみましょう。

③無添加ドッグフードの選び方 素材や形状で選ぶ

好き嫌いが多く、こだわりが強いグルメなワンちゃんの場合にはドッグフードの素材や香り、形状で選んでみるといいかもしれません。
例えば同じチキンが主原料の場合でも乾燥チキンを使用しているドッグフードの方が香りが強くワンちゃんの食欲をそそってくれるパターンがあります。
原材料の欄、一番最初に記載されてる素材がそのドッグフードにおいて最も比率が高く使われている素材になります。牛なのか豚なのか、ラムなのかお魚なのか一度確認してみましょう。
また食べ応えのある大きめの粒が好みなのか、食べやすい小粒が好きなのかなど形状へのこだわりもないか観察してみましょう。
シニアになると歯肉の衰えから食べにくさが現れ、食欲が落ちる事があります。ドライフードにこだわらず半生タイプの中から無添加のものを探してみてもいいかもしれませんね。特にチワワちゃんやプードルちゃんは食にこだわりが強い子が多い傾向です。
お好みの香りや形状から無添加のものを探してみましょう。

無添加ドッグフードの選び方 まとめ

いかがでしたか?
目的別に考えると意外とスムーズにご飯も選べるかと思います。
ワンちゃんの体質や体格、性格や好みによって合うドッグフードも変わってきます。
そしてまずはドッグフードを選ぶ時に原材料の欄を確認する癖をつけましょう。
最近は無添加のドッグフードであっても手が出しやすい価格帯のものも多くなってきました。
適切なドッグフードを選び愛犬の健康をサポートしてあげてくださいね♩

おすすめの記事