家族同然の可愛い愛犬。
私たち人間は好きなものを食べ、体調が悪ければ栄養があるものを自分で作る事ができますよね。
ところが口がきけない愛犬達のフードは私達飼い主が選ばなくてはいけません。
皮膚が弱い、お腹が弱い、関節が弱い、食が細いなど人間同様色々な体質がある愛犬達。
我が子に合うドッグフードはどれなのかしっかりと考えたことはありますか?
最初からこれを食べていたから、安いから、食べてくれるから、と安易に決めてはいませんか?

ペットショップや動物病院、インターネットにホームセンター。
今やドッグフードの入手方法は多岐に渡ります。
そして入手できるドッグフードの種類は数え切れないほど溢れかえっています。
しかしながら、その中には人口保存料や添加物をふんだんに使用しているものや、長期に渡って食べる事で内臓に負担をかけてしまうもの。最悪大きな病気へと発展しかねないような粗悪なドッグフードが紛れ込んでいるのが現実です。

そこで今回はペットショップやインターネットなどで容易に入手できる市販のドッグフードの中から、現役の動物看護師目線で安心安全なおすすめのドッグフードをご紹介したいと思います。
皆様のフード選びのお手伝いになれば嬉しいです。

おすすめ市販ドッグフード サイエンスダイエットプロ 健康ガードシリーズ

動物看護師おすすめ市販ドッグフード1つ目は

大手メーカー「ヒルズ」が出す
サイエンスダイエットのPro健康ガードシリーズ。

現代のペット達のため最新の栄養学を基に開発されたドックフードです。
こちらのフードは人工添加物は一切不使用。
酸化防止剤も自然由来のものを使用しているので安心です。主原料も高品質な肉類を使用し、人間が食べる事もできるほど安全です。
そして何より一番の良い点がライフステージや生活環境、アレルギーや体格などに合わせて選ぶことができる豊富なラインナップです。

  • 発育 子犬/妊娠授乳期用
  • 体重管理
  • アクティブシニア
  • 腎臓/心臓用
  • 関節
  • 活力
  • 皮膚
  • 避妊去勢

この中から更に小型犬用や小粒などのバリエーションが用意されています。
わんちゃん達は人間の何倍も早く年齢を重ねていきます。たった数年でも成人から老人へと変化していくのです。
その度にアダルト用、シニア用と様々なメーカーのフードをあげるのではワンちゃんの消化器官に負担がかかってしまいます。
それよりかは同一メーカーの中でアダルトからシニア用フードへ、アダルト用から避妊去勢様へとステップアップ、ステージチェンジをしていくスタイルの方が理想的と言えるでしょう。
また小粒で食べやすい上に、嗜好性も高くグルメな小型犬のワンちゃん達にも好評なようです。

おすすめ

ライフスタイルや年齢に合わせたフードをあげたい

添加物フリーのフードにこだわりたい

好き嫌いが多く手を焼いている

このような飼い主さんにおススメです

おすすめ市販ドッグフード セレクトバランスシリーズ

ベッツチョイスジャパンが出すセレクトバランスシリーズ

高品質な原材料に定評のあるドッグフードです。合成保存料や着色料、香料は一切不使用で人間が食べても問題のないヒューマングレードで作られています。原材料に使われるチキンやラムは乾燥タイプを使用しているため香りが強く、生肉よりタンパク質が凝縮されているのが特徴です。

ステージ別に

  • パピー/母犬用
  • アダルト
  • アダルト スリム
  • エイジング

    と分かれており、その中でそれぞれにチキンラムのテイストが用意されています。
    低アレルギーなラムを主原料にしたドッグフードは近年非常に注目されており、他の肉類にアレルギーを出してしまうワンちゃんでもラムであれば食べられる!というケースも多々あります。アレルギーが心配なワンちゃんはラムテイストを選んで頂くとより安心です。
    そしてセレクトバランスシリーズの強みはどのフードでもオリゴ糖やオメガ3脂肪酸や6脂肪酸、グルコサミンやミルクプロテインなど身体の健康をサポートしてくれる成分がたっぷりと配合されている点です。
    実際にセレクトバランスシリーズを使用して便や被毛の状態に改善が見られたというお声をよく聞きます。また大袋のサイズ展開があるため大型犬や多頭飼いのおうちでも重宝されているようです。
    ヒューマングレードフードの場合手が出しにくい価格になる事がほとんどですがセレクトバランスシリーズはヒューマングレードフードの中ではかなりお手頃、かつ手軽に購入できるとあって人気を博しているドッグフードの一つです。

    おすすめ

    添加物フリーのフードにこだわりたい

    皮膚やお腹の健康までカバーしてあげたい

    牛や豚にアレルギーの心配がある

    こういった飼い主さんにおススメです

    おすすめ市販ドッグフード ユーカヌバシリーズ

    ユーカヌバが出すドライフードシリーズ

    非常に厳しい審査をクリアしたドッグフードです
    出荷前検査はもちろん原材料に対しても検査を行い基準を満たさない原材料は受け入れていません。
    生産、包装、密封まで全ての工程が厳重に管理されており第三者機関による監査まで導入し徹底しています。原材料だけでなくドッグフードが完成する全ての工程に対し安心安全を提供してくれるメーカーといっていいでしょう。
    そんなユーカヌバのラインナップは

    • パピー
    • アダルト
    • シニア
    • スーパーシニア
    • ウェイトコントロール
    • ジョギング&アジリティ
    • ミニチュアダックスフント
    • トイプードル
    • チワワ
    • ラブラドールレトリーバー
    • センシティブスキン
    • センシティブジョイント
    • センシティブダイジェスション

    トータルで24種類ものドッグフードが販売されています。パピー、アダルト、シニアにはチキンターキーとラム&ライスの2種類のテイストがあり、更にその中にスモール、ミディアム、ラージの体格別展開が用意されています。
    ユーカヌバは独自の研究を行っておりライフステージ、身体の大きさ、活動量、それぞれの状態によって必要な栄養は異なる。といった考えを持っています。
    そのためこれだけ豊富なバリエーションが販売されているようです。もちろん全てにおいて成分や形状が異なっています。
    例えばパピー用であれば強い体を作るDHAが含まれていたり、アダルトやシニア用になると歯石が付きにくいような粒形状になっていたり、ウェイトコントロールになると主原料をとうもろこしに切り替え繊維質を増やす事で体重管理をしやすくするなど様々な工夫が凝らされています。

    おすすめ

    ライフスタイルや年齢に合わせたフードをあげたい

    製造工程まで安心できる物がいい

    全身的な健康をサポートしてあげたい

    このような飼い主さんにおススメです

    おすすめ市販ドッグフード まとめ

    いかがでしたか?
    ヒルズユーカヌバにおいては上記の一般食の他に療法食も販売されています。
    万が一病気になった時、今までのフードと同じメーカーの療法食が使えると安心ですよね

    愛犬のドッグフードを選ぶ際に目安となるのは1キロ当たり千円を下回らない事です。
    安いドッグフードは沢山ありますが、ぜひそういったドッグフードのパッケージの裏側、原材料の欄を確認してみてください。

    • 主原料にきちんとお肉が使われていますか?
    • ミートミールなど危険な物が入っていませんか?
    • 人口保存料や着色料などの記載はありませんか?

      以前より上質なドッグフードは増えてきていますが、相変わらず粗悪な死肉などを原材料に使っているドッグフードも数多くあります。
      そして私達のとても身近で販売されているのです。

      愛犬の身体を作り、人生を支える食事
      守ってあげられるのは飼い主の皆さんです

      ぜひ正しいドッグフードを選んであげてくださいね

      おすすめの記事