皆さんは愛犬のドッグフードを選ぶ時、何を基準に手に取りますか?
味や素材、形状や価格、着目したい点はたくさんあるかと思いますが
特にパピー期のワンちゃんの場合食の好みもまだよくわからず、体調も壊しやすい時期のため数あるフードの中から我が子に合った、たった一つのフードを見つけ出すことは案外難しかったりしますよね。

そこで今回はいわゆる『プレミアムドッグフード』に的をしぼり、その中から動物看護師目線でパピー期のワンちゃんにもオススメできるものをいくつかご紹介させて頂きます!
皆様のフード選びに少しでもお役立て頂けたら幸いです。

先ず簡単に『プレミアムドッグフード』としての条件ををいくつかあげてみましょう。

  1. 1キロあたり2000円以上の価格帯のもの
  2. 無添加である事
  3. 良質な肉や魚などが30~70%をしめているもの
  4. 天然素材が使われており人でも食べることができる
  5. 国産、もしくは基準が厳しい国で生産されている事(カナダやニュージーランド等)

市販のフードよりお高くなりますがその分良質な素材が使われていることは間違いありません。特に格安で売られているような市販のフードの中には本来廃棄するべきである粗悪な肉や素材を使っているものが多く存在しています

少なくても1キロあたり1000円は切らないよう注意してみましょう。
またプレミアムフードを謳っている商品の中にも粗悪なものは紛れています
現にある特定のプレミアムドッグフードを食べさせている患者様の多くに肝数値の上昇が認められ使用を控えてもらうようお話しているような物もあります。

我が子に合う合わないはもちろんの事、できればクチコミ等も確認してから購入することが望ましいでしょう。
なおパピー期は消化器官が未発達のためこれからご紹介するフードであっても過信せず、少しずつ与える量を増やすようにしてくださいね。
今までのフードと混ぜながら少しずつ新しいフードの割合を増やしていくと消化器官に大きな負担なく移行できるかと思います♪
また体が小さな犬種、月齢が浅いワンちゃん達はふやかしてから与えるとなおよいかもしれません。
以上を踏まえてご紹介させて頂きます

Yum Yum Yum!(ヤムヤムヤム)

老舗GREEN DOGが出しているこちらのフードはドライタイプとやわらかドライタイプの2つがあり、しっかりと国産食材を使用しています。

生産地、生産者が明記されていることも安心材料の一つかと思いますが、それに加えヒューマングレードで作られており油くささなども抑えられています(人間の食品と同レベルの安心基準)

パピー期のワンちゃんの場合には規定量の2~3倍あげて頂くよう公式サイトで案内されています。給餌量があまり増えてしまうと食べ切れるかご不安かと思いますが、こちらのフードは極めて小粒になっており、それに加え国産の鰹節を使用していることから香りがよく嗜好性も高く作られているのが特長です。そのため多くのワンちゃん達は問題なく食べてくれるようです。

ワンちゃん達の嗅覚は人間のおよそ三万倍ともいわれ、嗅覚に訴えるフードというのは大変好まれる傾向にあります。それが人工香料ではなく国産の鰹節という点がまたいいですね

どんなにいい食材を使っていても食べてくれなくてはなんの意味もありません。
特に体が小さな子や偏食傾向があるワンちゃんにおすすめです♪パピー期のうちはやわらかタイプを使用し、アダルトにかけてステップアップしてもいいかもしれませんね!

\Yum Yum Yum!の詳細はこちら/

このこのごはん

小型犬向けに作られたこちらのフードはワンちゃんの体臭や涙やけ、毛並み等のトラブル改善が期待できるフードになっています。

鶏のささみがメインで作られているため高タンパク低カロリーになっておりパピー期のワンちゃんでも食べやすい小粒の形状になっています。こちらもヒューマングレードをクリアしておりオイルコーティングや人工添加物は使われておりません。粒は不揃いですが凝固剤を使用していない証拠なためかえって安心材料といえるでしょう。

またモリンガ等の天然素材がたっぷりと使われていることが涙焼けや毛並みの状態に深く関わっていると考えられます。

公式サイトではパピー期は通常給餌量を3回〜4回にわけて与えるよう記載があります。総合栄養食と記載があるためパピー期でも十分な栄養素が含まれていますがメインの食材がささみ肉とヘルシーなものなので体重の増えがあまり良くない時にはプラスでおやつや缶づめを乗せてあげるのも1つです。マニュアルにこだわらず愛犬にあったスタイルで進めていきましょう

\このこのごはんの詳細はこちらから/

ナチュロル

ドックフードには珍しい完全グルテン、グレインフリーのナチュロル。個人的にはグルテン、グレインが含有されていても大きなトラブルには繋がらないと感じていますが皮膚トラブルや消化器トラブル(下痢や嘔吐等)が頻発するタイプのワンちゃんは試す価値があるかと思います。

また皮膚トラブルを起こしやすいシーズーやパグ等の犬種を飼われている飼い主さんはパピー期から積極的にグルテン、グレインフードを選択してもよいでしょう。

ナチュロルもヒューマングレードをクリアしており良質な肉、魚が全体の55%をしめています。またナチュロルの大きな特徴として高濃度のビタミンが含有されており免疫力の向上が期待できるでしょう。

またプレミアムドックフード添加物や保存料が含まれていない分酸化や賞味期限が早いのがデメリットですがナチュロルは密封度の高いアルミ仕様のパッケージを使用しており長く保存がきくのもメリットです。パピー期は1日に3回~4回にわけて与えましょう。

\ナチュロルの詳細はこちらから/

 

いかがでしたか?
同じプレミアムドッグフードであっても使われている素材や特長には結構差があるものなのです。共通して言えることは高品質な素材を使用し添加物や保存料が使われていないことです。その中から我が子の1番ケアしてあげたい部分を考慮して選んでいただくとよりスムーズなフード選びができるかと思います。

  • 体格は標準か?痩せていないか?太っていないか?
  • 食は細くないか、丸呑みしていないか
  • お腹は壊しやすくないか、吐き戻しは多くないか
  • 皮膚や被毛にトラブルは起きていないか

今一度ライフスタイル、我が子の体質を考えてみましょう。
またお高くなりがちなプレミアムドッグフードですが多くのメーカーが初回は低価格でお試しすることができるようになっています。
迷ったらいくつかの種類を試し食い付きを確認してみてくださいね。

おすすめの記事